グループウェアが便利|現代の会社に必要不可欠

グループウェアが便利|現代の会社に必要不可欠

メンズ

業務効率化から人事戦略へ

電卓

大半の企業は何らかの給与計算ソフトを導入しており、従業員の数が増えると人事管理システムも必要となります。最近ではこの人事管理システムと給与計算ソフトを一体化させた人事給与システムが主流です。他社を一歩リードする企業はタレントマネジメント機能を備えた人事給与システムを導入し、人材育成に役立てています。

詳細へ

お金以外の方法を知る

オフィス

社員のモチベーションを上げるためには、給料を上げる方法もありますが、やりがいのある仕事でやる気を出してもらうのも1つの手です。またモチベーションは、働きやすい環境を作ることでも上げられます。清潔で良い設備を整えて、働きやすい職場を作りましょう。

詳細へ

全社員の日程が分かる

社内

本人以外の書き込み可

最近、多くの企業がグループウェアを導入しています。グループウェアは、全社、または同一部署内ですべての人員の予定をパソコンの一覧表に書き込めるシステムです。進歩したグループウェアは、遠隔操作で社外からも書き込みや変更が可能です。この予定表には、本人以外に第三者が書き込みをすることもできることが特徴です。本人が新しい書き込みをしたくとも出来ない場合に限り、代理で書き込みができるのです。この第三者の書き込みについてですが、誰が何時書き込んだかが情報として残ります。このことにより勝手な書き込みや変更が防げるのです。ただ、混乱を防ぐためには、本人から何時指示や承認を得たのかを、メモとして残しておくことも大切です。

過去の予定を変更したい時

グループウェアの予定変更はいつでも可能です。予定が変わった時は、いつでも速やかに変更ができます。変更はすぐに全社のパソコンに反映されます。過去の予定表の書き込みで、時間帯が間違っていた時は、それを訂正することもできます。ただ、過去の予定については、訂正を入れることで混乱を招く結果にもなるので、できるだけ二本線での訂正が望ましいところです。会社によっては、過去のデータは一切訂正ができないように工夫している所もあります。ただ、メモ欄や摘要欄には後になっても書き込みが可能なので、予定が変更になった旨の説明を書き込むことはできます。誰でも自由に予定や摘要を書き込めるグループウェアですが、一定の制御の下に使用が認められているのです。

人事情報を一元管理

システム

人事管理システムは、勤怠管理のみならず人事面のあらゆる評価軸を一元管理することのできるシステムです。これ一つであらゆるデータを加工、集約することが可能になり、ワークフローシステムと連動させることも可能になります。

詳細へ